2014年07月16日

保健集会 熱中症を学ぶ

 7月16日(水),晴れ。暑い日が続いています。

  中休みに体育館で保健集会が行われました。

 今日は,「熱中症を防ぐ」というテーマで,保健委員さんたちが劇とクイズで熱中症から身を守る方法を教えてくれました。

 大切なことは,帽子をかぶる,こまめに休む,涼しい服装をする,日陰を利用する,水分をこまめにとるなどだそうです。

 もし,熱中症の人がいたら,すぐに休ませる,冷やす,水分を補給するようにするのがよいのだそうです。

 水分も,ただの水よりも,塩と砂糖を少々溶かした水の方がよいようです。

 保健委員さん,お疲れ様でした。とても勉強になりました。

 本校では,熱中症対策の一つとして,「熱中症チェッカー」という器機を導入しています。31℃以上になり熱中症になる危険がある時は,アラームで教えてくれます。

 そのようなときは,運動場での体育授業や外遊びは,自粛するようにしています。

posted by 韮崎北東小 at 10:15| 山梨 ☀| 児童会 | 更新情報をチェックする