2015年03月17日

中1ギャップを乗り超える 小中連携 

 3月17(火),晴れ。暖かくなりそうです。

 先日(13日【金】)の5校時に韮崎東中学校の英語科の小宮山先生をお招きして,中学校生活と英語学習のガイダンスを行ないました。

 保護者の皆さん,地域の皆さん,「中1ギャップ」という言葉をご存知でしょうか。

 6年生の子どもたちにとって,小学校と中学校の間には,大きな溝のようなもの(ギャップ)があると言われています。

 卒業,入学,中学校生活スタートの時期になると,不安になったり,落ち着かなかったり,イライラしたりして,学校生活になかなかなじめないという現象が起こりやすくなるそうです。

 しかし,進学への希望や安心感,見通しを与えることで,そのギャップは乗り越えられます。

 今回,少しでもスムースに小中の連結ができるように,6年生にガイダンスを行ないました。

 ガイダンスの後,にこにこしている子がとても多かったです。

 中学校への進学意欲,英語への学習意欲など,とても高まりました。

posted by 韮崎北東小 at 08:37| 山梨 | 6年 | 更新情報をチェックする