今年度,最後の学期となりました。3学期のスタートです。

短い学期ですが,よく学びよく遊び,心身ともに成長してほしいです。

全校児童への藤森校長先生のお話です。子ども達は校長先生がなぜスピードスケートを手に持っているのか興味津々です。「学習内容がスイスイと頭に入るように勉強しよう」だから,スケート靴を持っているのかな。いいえ,そうではありませんでした。このスケート靴は校長先生が小学校6年生のとき,父さん母さんからプレゼントしてもらった靴。この靴を初めて履いたときの喜びを昨日のことのように感じていらっしゃるそうです。もちろん,今でも現役のこのシューズは校長先生の宝物。当たり前のように物があふれている現代社会ですが,北東小学校の子ども達には贈ってくれた人の心を感じ取れる人になって欲しいですね。

代替の先生の紹介がありました。初日から教材研究に熱心に取り組んでいました。

こちらは生徒指導の先生のお話。楽しい冬休みが過ごせてよかったですね。

3名のみなさんが,新年の抱負を読み聞かせてくれました。

今年もよい年でありますように,そして実りある3学期になるように,全校みんなで頑張っていきましょう。