今日の給食は、給食第1号時の献立が出されました。明治22年(1889年)、山形県鶴岡町(現鶴岡市)の私立忠愛小学校だといわれています。家が貧しくて、お弁当を持ってこられない子供がたくさんいたので、この小学校を建てたお坊さんが、おにぎり・焼き魚・漬け物といった昼食を出してたそうです。本校の子どもたちも担任の先生から話しを聞く中で、給食のありがたさを感じながら食べていました。