修学旅行団は最後の見学地である国会を後にし、学校へと向かっています。重厚な建物や赤いじゅうたん、物々しい警備などから日本の中枢機関であることを感じとったのではないでしょうか。