5年生では現在、社会科でくらしを支える情報の学習をしています。教科書では、図書館や病院で情報ネットワークを利用してくらしが便利になったという学習をしました。
16日にはその発展学習として、JR東日本の方をお招きして、鉄道会社が情報ネットワークを利用してくらしが便利になったという学習をしました。
1時間目には、駅の改札が情報ネットワークとつながり、ICカードのきっぷ1枚でたくさんの情報をやり取りしているという学習をしました。
2時間目には、トラブルが起きた際に、写真や動画を情報ネットワークを使って正確に状況を伝えるという学習をしました。
授業では、制服を着たJR東日本の方々が、実際の写真や活動を入れながらの授業をしてくださり、子どもたちも、興味をもって授業を受けていました。