給食では1ヶ月に1回、他県の食文化や味を知ってもらうために郷土料理をだしています。
今日は、高知県の郷土料理でした。かつおの南蛮漬けやゆずごまサラダなど、普段の給食とは少し違う味付けでしたが、何の味だろう?何の魚かな?など話をしながら楽しそうに食べていました。
あおさの佃煮は給食室で手作りしました。ごはんがよくすすむ味で、ごはんのお残しはゼロでした。